バストアップやダイエットの悩み

エステティシャンのバストアップ法

こちらでは、エステティシャンやエステ経営者として活躍している石塚あゆみさんを紹介します。特にバストアップの方法で著名な石塚あゆみさんは美容のスペシャリストと言っても過言ではないでしょう。B−UPガールズといいます。B−UPガールズは発売から数年が経過しているので、このバストアップ法の実践者は大勢います。

 

B−UPガールズはプロのエステティシャンである石塚あゆみさんが監修した正統派バストアップ法のDVDになります。胸が小さくて悩んでいる人のために作られたバストアップ法のDVDなのです。これがあれば、高額なエステに通う必要はなくなります。プロのバストアップノウハウが学べるのは貴重な機会ではないでしょうか。

 

石塚あゆみさん監修のB−UPガールズはインターネット通販で購入することができます。DVDだけでなく、サポートもついているようです。これなら、こうしたバストアップ法を利用するのが初めての人でも安心して利用することができますね。バストの悩みを解決するなら石塚あゆみさんのB−UPガールズの利用を推奨します。

ボディスタイリストの大澤美樹

大澤美樹さんは日本ボディスタイリスト協会というNPO法人の理事長をしています。もともとは芸能関係のスタイリストをしていたのですが、外見だけでなく内面の美しさに興味を持って、リンパトリートメントの勉強をして、ボディスタイリストとなりました。

 

大澤美樹さんはボディスタイリストになった後、日本ボディスタイリスト協会を設立して、ビューティーケアートレーナーなどの国際ライセンスを発行したり、リンパアドバイザーなどの認定資格の制定などを行い、現在ではリンパトリートメントの第一人者と言われています。リンパセラピストや国際中医経絡美容師、ビューティーケアトレーナーなどの数々の資格や認定も受けています。

 

大澤美樹さんが書いた「LymphStyle」というボディメイクの本や、リンパマッサージで即効部分痩せという本は、その効果から爆発的な人気を博しています。なかでもバストの悩みを持つ女性がたくさんいることから、数日で効果を実感することができるバストアップラボという教材を作成しました。大澤美樹のバストアップラボは、たった3つのケアを実践するだけで、自然できれいなバストになれるというものです。

バストアップラボのDVDとは?

NPO法人の日本ボディスタイリスト協会の大澤美樹という会長が監修したバストアップラボという教材は、使っていくうちにきれいなバストアップができるというものです。バストアップラボを監修した大澤美樹は、もともとは芸能関係のスタイリストをしていた人で、女性をより美しくしたいという考えからボディスタイリストの勉強をしました。

 

その勉強は東洋医学からリンパドレナージュというリンパマッサージまでの幅広いもので、大澤美樹は今では、リンパドレナージュの第一人者とも言われています。バストアップラボは1枚のDVDにリンパトリートメントやストレッチ、ツボ刺激の方法が、事細かに紹介されています。

 

バストアップに関するQ&Aなどの他に、1週間のバストアッププログラムもあるので、毎日無理なくバストケアをしていくことが可能です。バストアップラボは2枚組のDVDなのですが、2枚目にはバストが小さい人のためのケアや、大きすぎる人のためのケアなど、ケースによってのケア方法があります。リンパドレナージュの正しいケア方法も紹介されていますので、バストアップだけでなく、リンパの流れを良くして体質改善にもつなげていくことができるのです。

美乳になるためのDVD教材

女性の胸の谷間は、男性だけでなく女性自身にとっても魅力的なものです。特に胸が小さい女性は、胸元の多きく開いた洋服から見える胸の谷間に憧れるものです。

 

そんな女性の間で人気を集めているのが、戸瀬恭子さんが発案した「バストあっぷるん」というバストアップ法です。この「バストあっぷるん」は、戸瀬恭子さんが「ジャックまま」というハンドルネームでmixiのコミュニティに紹介したバストアップ術でした。

 

3人の子供を母乳で育てた戸瀬さんは、育児がひと段落ついたときに、自分の胸がシワシワになっていることに気付きました。そこで、試行錯誤しつつマッサージをして、ブラジャーをしなくてもピンと張ったままのGカップの美乳を手に入れたのです。

 

その方法をmixiに紹介したところ、爆発的な人気が出て、mixiのコミュニティには5,000人以上の人が、アメーバブログには1万2,000人もの人が登録しているそうです。このマッサージは現在では「バストあっぷるん」と呼ばれ、エクササイズがDVD化されています。

子宮内膜症の改善

子宮内腔にしかないはずの子宮内膜などの組織が、子宮以外の卵巣や膣、膀胱などにできる病気を子宮内膜症といいます。子宮内膜症になると、体内に血液の嚢胞ができて大きくなっていったり、それが臓器と癒着したりしてしまいます。

 

現代では月経のある女性の10人に1人は、子宮内膜症にかかっていると言われるほど多い病気で、症状が重くなるにつれて腰痛や月経過多、不正出血などに悩まされます。病院では、痛み止めや人工ホルモン剤を使っての治療となりますが、なかなか根本的な治療には繋がりません。

 

続木和子さんが考案した子宮内膜症改善プログラムは、14日間の集中プログラムを実践すると、その症状が改善されていくというものです。続木和子さんは自分自身が子宮筋腫になった経験をもとに、女性のホルモンの研究を20年間続けている女性です。

 

続木和子さんは、もともと小学校の教諭を26年務めていたのですが、ホルモンの研究をするためにアメリカのホリスティック・ヘルス・アカデミーを卒業して、ホリスティック栄養学なども学んでいます。続木和子さんの「子宮内膜症改善プログラム」では、プログラムを実践することによって、女性ホルモンを正常化していくというものです。

トータルビューティーワークで美しく痩せる

ダイエットと言えば、食事制限やジョギングなどの運動、規則正しい生活にはじまり、ダイエットサプリ、エステ、酵素ドリンク、などさまざまなものが頭に浮かぶと思うのですが、一番大切なのはやはり基礎代謝を上げること。

 

基礎代謝を上げて太りにくい体を作る、それが一番大切と分かっていても、実践するのが簡単ではないから困ってしまうのですよね。どんなダイエットも満足のいく結果が得られなかった、という方にオススメしたいのが、宮本千寿子のトータルビューティーワークです。

 

この宮本千寿子のトータルビューティーワークは、ダイエットに向いた基礎代謝量の改善方法などのプログラムがまとめられたマニュアルになります。気になる旨のサイズダウンやリバウンドの心配もなく、自分のペースで続けていくことができる宮本千寿子のトータルビューティーワークは、今までダイエット法はいろいろ試してきたがどれもイマイチ、そんな方にピッタリのプログラムが宮本千寿子のトータルビューティーワークですよ。